【最新】ミニユンボの買取情報 【実績】買取金額 4.8万円~895万円! 【BeeTruck】

【最新】ミニユンボの買取情報 【実績】買取金額 4.8万円~895万円! 

日本全国対応
tel:0120-667-792

【最新】ミニユンボの買取情報 【実績】買取金額 4.8万円~895万円! 【BeeTruck】

0120-667-792

重機買取なら高額買取専門店【BeeTruck】にお任せ!どんな重機や建機高価買取致します!

【最新】ミニユンボの買取情報 【実績】買取金額 4.8万円~895万円! 

ミニユンボの中古市場では断トツの「売り手市場」になっています。
今、とくに高値がつきやすいメーカーはこちら

上記以外のメーカーでもユンボの状態や、機種など条件によって“高値”がつくことも多くあります。
無理な営業一切「なし」! 査定だけでも大歓迎!フォームからお問い合わせください。

ミニユンボの買取相場について

ミニユンボ

ミニユンボは車両重量が0.5トン未満~6トンの小さいサイズのもので、家屋の解体作業や庭づくり、狭い場所など小回りがきく重機・建設機械です。

ミニユンボは比較的修理もしやすく海外でも人気のある車種となっています。
買取相場は、稼働時間、アタッチメントの種類、状態によっても思わぬ額で取引されることも多くあります。

ミニユンボの買取で相場より高く売るコツ

  • ・アタッチメント、付属品があれば同時に売却する
  • ・洗車などで綺麗な状態にする
  • ・年次点検書類があれば持参する
  • ・修理や塗装はしない
  • ・メンテナンスをする
  • ・複数台あれば同時に売却する

ミニユンボの買取相場額は条件の入力だけでは出せません
ミニユンボの査定時の検品内容以外にも経済状況、世界情勢、中古重機・建設機械市場などさまざまな要因が絡んでくる為、買取相場の価格では出せないのが一般的です。

ミニユンボを高く売るコツ

都市部や住宅街の工事から造園業、農業に至るまで、身近な所で幅広く活躍するミニユンボですが、高額査定に繋がるポイントがあります。

働時間が少なく数年しか使ってないという場合でも屋外保管と屋内保管では査定額に差が出る場合があります。

大切に使っていても紫外線や雨風にさらされてきた機械は少なからず劣化しますので、車庫保管というだけで査定額アップのポイントになります。国内再販の場合、クローラーの素材はゴムキャタ、ゴムクローラー、ゴムパッド、が人気がありアスファルトやコンクリートに傷をつけない利点があり日本の社会に適した仕様です。

ゴムクローラーの欠点は鉄キャタと比べて劣化が早く、マメな交換や点検が必要になることです。クローラーに限らず消耗品はマメに交換しておくと次のオーナー様も安心して使えるので高価査定に繋がります。輸出では多少の油圧漏れやにじみ程度は許容範囲ですが国内再販の場合は少しシビアになります。多少でもにじみや漏れがある場合は整備しておく事で高価買取に繋がります。年式や稼働時間で上限は限られますが、見た目をキレイにしていて、不具合がない事が一番のポイントです。

ミニユンボとは??
ミニユンボ

ミニユンボとは、運転質量6t未満の油圧ショベルです。

大型の油圧ショベルでは入れない現場や建設現場でのリフォーム工事、細かい掘削作業や解体工事、下水道や上水道などの埋設工事、設備工事、アスファルトやコンクリートの補修などで活躍します。運転席の形状ではキャノピータイプとキャビンタイプがあり、寒冷地ではキャビンタイプが人気です。狭い現場で活躍するのが3tダンプ車で運搬可能なコンマ1(0.1㎥)未満のミニユンボでアームを平行にスライドできるオフセットブームやブームの根本から角度を変えれるブームスイング、ヤンマー独自の∑ブーム(シグマブーム)などが主流です。

コンマ02(0.02㎥)未満クラスの超ミニユンボでは、より狭所作業が可能な可変脚タイプがあり、クローラーや排土板の幅を変えれる仕様が人気です。また資材の吊り上げや荷役が可能なクレーン仕様機は全般的に人気です。一般的にはミニユンボ、ミニショベルと呼ばれていますが、コンマ2(0.2㎥)コンマ15(0.15㎥)など、標準バケツの立米数で呼ぶことが最も一般的で、更に小さいモデルに関しては超ミニユンボやマイクロショベルなどと呼ばれることもあります。尚、0.28㎥以上になると油圧ショベルに該当します。

» ユンボの買取 TOP