ユンボ(ミニユンボ)の買取【BeeTruck】

ユンボ(ミニユンボ)の買取【BeeTruck】どんなユンボ(ミニユンボ)の買取もOK! 高額査定!

日本全国対応
tel:0120-667-792

ユンボ(ミニユンボ)の買取

0120-667-792

ユンボ(ミニユンボ)の買取【BeeTruck】どんなユンボ(ミニユンボ)の買取もOK! 高額査定!

ユンボを売るなら買取専門店のBeetruckで ユンボを売るなら買取専門店のBeetruckで

ユンボ高額で買取致します!

こんなユンボお持ちじゃないですか??

下記に当てはまるなユンボは買取対応!需要拡大につき、現在さらに高額査定です!

ユンボ(バックホー) / ミニユンボ / タイヤユンボ

壊れたユンボ、不動車も高価買取可能です!!

故障、不動、サビOK!

故障、不動車、サビ、冠水、バッテリー上がりなど、どんな状態でも高価買取!

現役バリバリの高年式ユンボも、もちろん高価買取!

現役バリバリの高年式ユンボも、もちろん高価買取!

年浅、新車同様高年式ユンボはもちろん高価買取致します!

新しいユンボへ乗換え、事故やトラブル(ミッション不良、エンジンの焼付き など)、会社の資金繰り、廃業の為に不要となるユンボ
ビートラックが高額で買わせていただきます!

eetruckの重機サービス詳細

重機買取対応エリア

北海道
北海道
東北
青森 秋田 山形 岩手 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉
北関東
群馬 栃木 茨城
甲信越
山梨 長野 新潟
東海
愛知 静岡 三重 岐阜
北陸
石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国
広島 岡山 山口 鳥取 島根
四国
徳島 香川 高知 愛媛
九州
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島
沖縄
沖縄

重機買取Q&A

ユンボ(ミニユンボ)の買取実績一覧!

新着!ユンボ(ミニユンボ)の買取実績です。
(詳細を見るには画像をクリックしてください。)

ユンボを高く売るコツ

建設機械、重機の代名詞とも言えるユンボを高く売るコツとしては、査定の前に良く泥や埃などの付着物は取り除く事です。

エンジンオイルや作動油の漏れは放っておくと内部での焼き付きや損傷などになりかねないので下回りや油圧ホース、シリンダーの漏れ等はマメに点検し、漏れてる場合は早めに対処してください。ブーム、アーム等の可動部分のガタは放っておくと致命的な欠損に繋がる為、早めにピン交換やグリスアップ等の処置をしておく事。サビキズ・へこみは腐食に繋がるのでマメにタッチアップ等の補修をする。能力を超える様な負荷を掛けない。など日頃から大切に扱う事で高価買取へと繋がります。

ハサミ、つかみ、グラップル、油圧ブレーカー等のアタッチメントや付属品があれば査定額アップになります。世界的に見て国産の油圧ショベルは価値が高いため海外へ輸出される場合が多いです。輸出での売り先では、見た目よりもフレームの腐食や正常な動作やパワー不足等を気にする場合が多いです。ブームやアームに亀裂がある場合、フレームが腐食してる場合や動作に不具合がある場合でも買取可能です。お気軽にお問い合わせください。

ミニユンボを高く売るコツ

都市部や住宅街の工事から造園業、農業に至るまで、身近な所で幅広く活躍するミニユンボですが、高額査定に繋がるポイントがあります。

働時間が少なく数年しか使ってないという場合でも屋外保管と屋内保管では査定額に差が出る場合があります。

大切に使っていても紫外線や雨風にさらされてきた機械は少なからず劣化しますので、車庫保管というだけで査定額アップのポイントになります。国内再販の場合、クローラーの素材はゴムキャタ、ゴムクローラー、ゴムパッド、が人気がありアスファルトやコンクリートに傷をつけない利点があり日本の社会に適した仕様です。

ゴムクローラーの欠点は鉄キャタと比べて劣化が早く、マメな交換や点検が必要になることです。クローラーに限らず消耗品はマメに交換しておくと次のオーナー様も安心して使えるので高価査定に繋がります。輸出では多少の油圧漏れやにじみ程度は許容範囲ですが国内再販の場合は少しシビアになります。多少でもにじみや漏れがある場合は整備しておく事で高価買取に繋がります。年式や稼働時間で上限は限られますが、見た目をキレイにしていて、不具合がない事が一番のポイントです。

ユンボとは??

ユンボ

数ある重機の中でも多く活躍し、中古市場でも多く取引されてる機種が油圧ショベルです。

用途としては主に建築土木現場での掘削作業や土砂や砕石などの積み込み、農地開拓や整地等、社会全体で多く用いられます。特殊仕様の油圧ショベルには建築物や自動車の解体で使用される解体仕様機。産業廃棄物、金属廃棄物リサイクル業等で使用される産廃仕様機、森林の間伐や集材等で使用される林業仕様機などがあり、これらの特殊仕様機はブーム(アーム)形状や配管の数で使用できるアタッチメントが変わり、配管の数が多い程あらゆるアタッチメントが使用可能となり最大限に能力を発揮出来ます。

腕状のブームとアームにも特殊仕様があり、ロングアーム、スライドアーム、テレスコアーム、ツーピースブーム等があり地下深くや高所、離れた場所での作業が可能になります。逆に狭い場所や高さ制限のある地下での作業が可能なショートリーチがあります。他にアームを平行にスライド出来るオフセットブーム、資材を吊り上げ積み下ろしができるクレーン仕様などがあります。

産廃リサイクルで活躍するのがマテハン機と呼ばれる仕様でハイキャブやキャビンが昇降するエレベーターキャブなどがあります。機体形状にも種類があり、後方小旋回、後方超小旋回機等があり、住宅地や都心部など、狭い現場での旋回が可能になります。油圧ショベルが統一名称ですが、ユンボ、バックホウ、パワーショベルと呼ばれる事が一般的ですが、コンマ5(0.5㎥)コンマ7(0.7㎥)など、標準バケットの立米数で呼ばれることが最も一般的です。

ミニユンボとは??

ミニユンボ

ミニユンボとは、運転質量6t未満の油圧ショベルです。

大型の油圧ショベルでは入れない現場や建設現場でのリフォーム工事、細かい掘削作業や解体工事、下水道や上水道などの埋設工事、設備工事、アスファルトやコンクリートの補修などで活躍します。運転席の形状ではキャノピータイプとキャビンタイプがあり、寒冷地ではキャビンタイプが人気です。狭い現場で活躍するのが3tダンプ車で運搬可能なコンマ1(0.1㎥)未満のミニユンボでアームを平行にスライドできるオフセットブームやブームの根本から角度を変えれるブームスイング、ヤンマー独自の∑ブーム(シグマブーム)などが主流です。

コンマ02(0.02㎥)未満クラスの超ミニユンボでは、より狭所作業が可能な可変脚タイプがあり、クローラーや排土板の幅を変えれる仕様が人気です。また資材の吊り上げや荷役が可能なクレーン仕様機は全般的に人気です。一般的にはミニユンボ、ミニショベルと呼ばれていますが、コンマ2(0.2㎥)コンマ15(0.15㎥)など、標準バケツの立米数で呼ぶことが最も一般的で、更に小さいモデルに関しては超ミニユンボやマイクロショベルなどと呼ばれることもあります。尚、0.28㎥以上になると油圧ショベルに該当します。

▲ページトップ ▲